• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-3910-1154

スポーツ外傷・スポーツ障害でお悩みの方へ

  スポーツ外傷・スポーツ障害でよくあるお悩み

  • 長距離走の
    練習中、
    すねの骨が
    痛くなってきた

  • バスケットで
    足首を捻挫
    してしまった

  • スタートダッシュ
    で太ももの
    筋肉を痛めた

  • 投球練習で
    肘に痛みが
    出てしまう

スポーツで発生するケガへの対処法と予防法を確認しましょう

「相手選手と激しくぶつかった」「足首を強く捻った」「投球で肘が痛くなった」
このように、スポーツは身体に負荷がかかり、関節や筋肉などを痛める場合があります。
ケガからの早期復帰を目指すには、受傷後いかに適切な対処ができるかにかかっています。

 

こちらのページにて、スポーツ中のケガの原因や対策を詳しく確認していきましょう。

スポーツ外傷・スポーツ障害におすすめのメニュー Recommend Menu

スポーツ外傷・スポーツ障害の
発生原因や症状例について

スポーツでのケガは「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2種類に分けられます。
それぞれがどういったケガなのか、発生原因や代表的な症状を詳しくご紹介していきます。

 

【スポーツ外傷】

 

スポーツ外傷は、一度の大きな外力によって発生した負傷です。
ケガの起きた経緯がはっきりしています。

●スポーツ外傷の発生原因

・コンタクトスポーツでの衝突
・バランスを崩して、足を挫(くじ)く
・転倒して手を強くつく
・急な方向転換で筋肉に負荷がかかる

などが、スポーツ外傷が発生するシーンに挙げられます。

また、日常生活でも転倒転落交通事故などで、スポーツ外傷が起きることがあります。

●スポーツ外傷の症状例

・捻挫

関節周辺の靭帯関節包を損傷したケガです。

「足を挫く」「手を強くつく」など、関節を強く捻ることで発生する場合があります。
スポーツ外傷の中でも「足関節捻挫」が多い傾向にあります。

・肉離れ

筋線維を痛めたケガです。
瞬発な筋収縮をした際に発生する場合があります。

運動不足だったり、筋肉が硬くなっていたりすると、肉離れのリスクがあります。

・打撲

皮膚下の筋肉血管などを損傷したケガです。
身体を強打することで発生する場合があります。

日常中でも起こりやすい外傷といわれています。

・骨折

骨にがついたケガです。
転倒転落衝突など、骨に強い外力が加わり発生する場合があります。

そのほかにも、脱臼腱損傷血管損傷などもスポーツ外傷に挙げられます。

 

【スポーツ障害】

 

スポーツ障害は、身体の一部に繰り返しの負荷がかかることで発生した負傷です。
スポーツ外傷と違い、発生機序が明確ではありません。

●スポーツ障害の症状例と発生原因

・シンスプリント

すねの内側、下1/3部分の痛みです。
過度なランニングによって発生する場合があります。

・オスグッド

脛骨粗面(脛骨の上部、膝蓋骨の下部分の出っ張り)の痛みや腫れを指します。
過度なランニングやサッカーのキック動作によって発生する場合があります。

成長期の子どもに起こりやすい症状です。

・野球肘、野球肩

過度な投げ込みによって発生した、肘や肩の痛みです。
野球肘は「内側型」(投球時に牽引力が働き靭帯や軟骨を痛める)が多いですが、骨・軟骨の衝突による「外側型」「後方型」もあります。

野球肩は「リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)」「腱板損傷(インナーマッスルの損傷)」「インピジメント症候群」などがあります。
内側型の野球肘や、リトルリーグショルダー成長期の子どもに発生しやすい傾向にあります。

・足底筋膜炎

足裏の足底筋膜が硬くなり、炎症を起こしたものです。
過度なランニングによって発生することがあります。

・アキレス腱炎

アキレス腱に炎症を起こしたものです。
長距離走ジャンプ剣道の踏み込みなどで発生することがあります。

スポーツ外傷・スポーツ障害はどうケアすればよいのでしょうか?

スポーツ外傷・スポーツ障害が疑われる場合はどう対処すればよいのでしょうか?
炎症を抑えるためにも、「RICE処置」を中心に適切なケアをしていきましょう。

また痛みが出た時だけではなく、普段からの予防も大切です。
こちらで、対処法と予防策を詳しくご紹介します。

 

【スポーツ外傷・スポーツ障害の適切な対処法】

 

●RICE処置

スポーツ中に強い外力を受けたり、痛みが生じたりした場合、早急に次のような「RICE処置」を行ってください。

・Rest(安静):患部の損傷を悪化させないよう、なるべく安静にする。テーピングや包帯などで、関節を固定する場合もある。

・Icing(冷却):炎症と内出血を抑えるため、患部をアイシングする。冷やしすぎないよう、氷水や保冷剤などをタオル越しに当てるようにする。

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないよう、タオルや包帯などを使って患部を圧迫する。

・Elevation(挙上):患部を心臓より高い位置に挙上し、内出血を抑える。

子どもに起こりやすいオスグッド野球肘野球肩などは、無理をすると関節の変形や動かしにくさが残る場合があります。
運動を休止して、安静、冷却に努めましょう。

またスポーツ外傷に対しても、なるべく早めにRICE処置を行ってください。

●医療機関に行った方がよい

放置していると痛みを長引かせ、スポーツへの復帰に時間がかかる場合があります。
スポーツ中にケガをしたら、医療機関や整骨院に行って、適切な処置を受けるようにしてください。

 

【普段からできるスポーツ外傷・スポーツ障害の予防策】

 

●スポーツ外傷

・身体の使い方

ガニ股(外側荷重)になっていると、足首を内側に捻りやすい傾向にあります。
「お尻のストレッチ」「内転筋のトレーニング」によって、身体の中心を使う意識を高めましょう。

・テーピング

テーピングで関節を固定しておくと、ケガの予防につながります。
特に再負傷しやすい、捻挫脱臼の既往のある方は、スポーツ中はテーピングをしておくと安心です。

・筋肉の柔軟性

筋肉、関節が硬い状態で運動を始めると、肉離れを起こすことがあります。
運動前、運動後、お風呂上がりなどストレッチを行い、身体の柔軟性をつけておきましょう。

●スポーツ障害

・基礎トレーニング

スポーツの基本的な動きが習得できていないと、関節や筋肉に負担がかかるおそれがあります。
基礎トレーニングを重視し、弱っている筋肉があれば鍛えるようにしましょう。

・運動量の見直し

オーバートレーニングは、ケガのリスクを高める可能性があります。
ケガを繰り返している場合、運動量を一度見直してみましょう。

GBS巣鴨地蔵通り整骨院の
【スポーツ外傷・スポーツ障害】
アプローチ方法

スポーツによるケガやスポーツ障害(野球肩・肘、テニス肘、シンスプリントなど)も施術しています。

大会・試合のスケジュールや身体の痛みに合わせてテーピングを巻き競技を行う際に全力が出せるようにサポートします。

スポーツによる痛みは、身体の使い方のくせが大きく関係していると考えられます。

身体の使い方のくせから起きる身体のズレやゆがみを手技施術で整えていくことで痛みをとることはもちろん、痛みの再発防止パフォーマンスの向上にもつながります。

パフォーマンス向上や再発防止をしていくのであれば、Ai姿勢分析を行い自分の目でどこがずれているのか、どこの筋肉が弱くなっているのかも調べることができます。

著者 Writer

著者画像
院長:小林 沙亜羅(コバヤシ サアラ)
所有資格:柔道整復師
生年月日:
血液型:A型
出身:栃木県
趣味:テレビゲーム,お酒をのむこと
得意な施術:首
ご来院されるお客さまへ一言:皆様の痛みをはやくとれるよう全力で施術させていただきます。
 
   

当院のご紹介 About us

GBS巣鴨地蔵通り整骨院・鍼灸院/筋膜整体院
住所:〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-14-18 マルヤスビル1F
最寄:JR巣鴨駅 徒歩8分 都営三田線巣鴨駅 徒歩3分
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
10:00〜
13:00
9:00〜
15:00
- 9:00〜
15:00
14:00〜
19:30
- - -
日曜定休日

【公式】GBS巣鴨地蔵通り整骨院 鍼灸院/筋膜整体院 公式SNSアカウント GBS巣鴨地蔵通り整骨院 鍼灸院/筋膜整体院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS巣鴨地蔵通り整骨院 鍼灸院/筋膜整体院 公式SNSアカウント GBS巣鴨地蔵通り整骨院 鍼灸院/筋膜整体院ではInstagram・LINEを運用中!

【公式】GBS巣鴨地蔵通り整骨院 鍼灸院/筋膜整体院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中